五月人形

5月人形の由来

元々は端午の節句と呼ばれており、宮廷にて災いや病が起こらないようにとの願いを込めて、菖蒲を使用していたが、江戸時代になり「菖蒲」と武を重んじる言葉である「尚武」の音が同じ「しょうぶ」ということから、武家社会に生まれた跡継ぎの男の子を祝う行事へと変化していきました。

Q&A一覧