鯉のぼり

鯉のぼり

江戸時代に武家で始まり、端午の節句である旧暦の5月5日までの梅雨の時期の雨の日に、男児の出世と健康を願って家庭の庭先で飾られた。商人の家庭では、武士に対抗して豪華な武具の模造品を作らせ、のぼりの代わりに黄表紙の挿絵などを見ると五色の吹流しを美々しく飾るようになっている。
さらに、吹流しからを「竜門」の故事にちなんで、吹流しに鯉の絵を描くようになり、派生したもの。
ちなみに屋外に飾るものは「鯉のぼり」、屋内に飾るものは「飾り鯉」という。

Q&A一覧